このページではJavaScriptを使用しています。
ホームアルミハニカムパネル一般アルミ加工品精密アルミ加工品会社概要採用情報
トップお問合せ > アルミハニカムパネル庇(ひさし)のお取り扱いについて


アルミハニカムパネル庇(ひさし)のお取り扱いについて


アルミハニカムパネル庇をご採用いただきまして、ありがとうございます。
アルミハニカムパネルの平滑度を生かした美観、性能を末永く維持していただくために、下記による注意点をご理解いただき保守管理をお願い致します。

1. アルミハニカムパネル庇の清掃について
・アルミハニカムパネルの表面は、アルミニウム素材に表面処理として各種塗装、またはアルマイト処理を施しております。 この表面処理の美観を長く維持するために、表面に落下した落ち葉、塵埃、及び鳥の糞等を定期的に清掃していただきますようお願い致します。
・排水用の雨樋には落ち葉等が堆積しやすく、降雨時の排水を阻害し異常な雨漏りの原因になりやすいので、表面同様に定期的な清掃をお願い致します。
・使用期間が長くなり、表面に水垢等が付着した場合は、中性洗剤を薄めた液とスポンジ等により軽くこする程度で清掃作業をお願い致します。またその後は十分な水洗い作業の実施をお願い致します。

2. 防水シールの点検について
・アルミハニカムパネル間、及び雨樋やその他の構築物との間に施された防水シールは、経年変化により防水機能が劣化致します。 定期的(年1回推奨)な点検を実施し、劣化が認められた場合は速やかな補修工事を施していただき、アルミハニカムパネルの性能維持をお願い致します。

3. 付帯工事等に関する件
・アルミハニカムパネルは工場で製作された形が設計された機能を発揮するよう出来ております。
アルミハニカムパネルの周辺工事、または設置後にアルミハニカムパネルに加工(穴を開ける、切り欠く等)が施されますと、 アルミハニカムパネルの性能は著しく低下しますので絶対に行わないようお願い致します。

4.漏水について
・雨樋以外の部位より漏水している場合、雨樋の詰まりによるオーバーフローや水勾配の変化、防水シールの経年劣化によることが考えられます。 放置しますとアルミハニカムパネル本体にも影響を及ぼしますので、必ず補修工事を施されるようお願い致します。

ご要望により保守点検、補修工事を承りますので、下記までご一報をお願い致します。

連絡先: 品質管理Gr.
            TEL.0299-59-4116 

このページトップへ